会社概要

会社名
株式会社タカマサ
代表者
梅田 正秀
設立
S48年4月
事業内容
ビルトH製作
鋼橋造物製作
鋼板切断
孔明・開先・曲げ加工
資本金
5,000万円
従業員数
45名
主要取引先銀行
千葉銀行 富里支店 
京葉銀行 多古支店
商工中金 本店 
敷地面積
22,134㎡
工場面積
6,768㎡(4棟)
  • 航空写真
本社工場
所在地 〒289-1605
千葉県山武郡芝山町大台3155-17
TEL
0479-77-2588
FAX
0479-77-2578

大きな地図で見る
東京営業所
所在地 〒136-0071
東京都江東区亀戸6-48-7

大きな地図で見る

会社沿革

昭和47年4月
梅田貴正が鋼材販売および加工の目的で、資本金500万円で梅田鋼板株式会社銚子工場を設立
昭和62年8月
株式会社タカマサに社名変更
昭和62年9月
川崎製鉄株式会社と取引開始(現:JFEスチール株式会社)
阪和興業株式会社と取引開始
平成元年12月
千葉県山武郡芝山町(芝山町第二工業団地)に敷地3,000坪を取得し、工場建坪750坪にて成田工場にてビルトHの本格生産を開始
平成4年3月
事業拡大に伴い成田工場建坪1,000坪に増強
平成8年1月
資本金1,000万円に増資
平成12年9月
資本金5,000万円に増資
平成14年9月
成田工場隣接地4,000坪を取得し、管理体制の一元化を計ると共に溶断及びビルトH制作の一貫工場を完成(建坪3,000坪)
平成14年12月 本社を現成田工場に移転
平成17年3月
財団法人日本海事協会よりビルトH制作の為のサブマージ溶接及びCO2溶接の認定取得
認定番号:05TK-03048W
平成17年4月
株式会社日本鉄骨評価センターよりビルトH製作工場(AAグレート)認定を取得
認定番号:BH05-AA03031
平成18年8月
削孔機を4台導入しスプライスプレートの制作を開始(月産250t)
平成18年10月
プラズマ切断機(最大厚36㎜)を2台導入。
切板の更なる増産を計る(コマツ産機)
平成20年11月
ベンディングロール25mm×3,000Lを導入((株)栗本鐵工所)
平成20年12月
平板自動開先加工機VXW-3005-5を導入(シンクス(株))
平成22年5月 500tプレス機導入(コマツ産機(株))
平成25年4月 プラズマ・ガス兼用切断機TFPL3084を導入(コマツ産機(株))
平成25年9月 フレームプレーナー導入(日産TANAKA(株))
平成27年7月 国土交通大臣認定鉄骨製作工場Mグレード取得
平成27年9月 千葉県知事一般建設業許可取得
平成28年8月 NC穴あけ機・バンドソー((株)アマダ)を導入し、梁加工の本格生産を開始(月産300t)

主要取引先(敬称略:五十音順)

株式会社アイテック
株式会社安藤・ハザマ
株式会社飯田製作所
伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社
株式会社大林組
オーツカ鉄鋼販売株式会社
小野建株式会社
株式会社カガヤ
株式会社角藤
鹿島建設株式会社
カジマメカトロエンジニアリング株式会社
株式会社加藤組鉄工所
叶産業株式会社
川岸工業株式会社
川田工業株式会社
北関東スチール株式会社
古賀スチール・パートナーズ株式会社
小島鉄工株式会社
駒井ハルテック株式会社
三水鐵工株式会社
清水建設株式会社
ジェコス株式会社
新盛工業株式会社
JFEエンジニアリング株式会社
JFE鋼材株式会社
JFEコンフォーム株式会社
JFE商事株式会社
JFE商事鉄鋼建材株式会社
JFEシビル株式会社
JFEスチール株式会社
スピック株式会社
株式会社太陽重工製作所
株式会社竹中工務店
株式会社谷村製作所
中央鋼材株式会社
千葉鋼材株式会社
東京建鉄株式会社
株式会社東京鐵骨橋梁
中里鋼業株式会社
中村鋼材株式会社
日鉄住友物産株式会社
西村鋼業株式会社
林鋼材株式会社
阪和興業株式会社
富士スチール株式会社
普代産業株式会社
本間興業株式会社
株式会社丸杉
丸藤シートパイル株式会社
三井造船株式会社
株式会社ムラヤマ
株式会社メタルワン建材
ヤマネ鉄工建材株式会社